薬膳に関するお問い合わせは、こちらから

薬膳とは

毎日の食事は薬

「薬食同源」の世界では、食事は薬であると考えます。

食物は、生命を維持するためだけではなく、健康を増進させるものでなければなりません。
健やかに生きるためには、正しい食生活をして心身ともに健全であることが基本です。

中国では古くから病気の予防、治療、滋養強壮、老化防止などのために、天然の薬物を食物と組み合わせておいしく食べる調理法がありましたが、
これが「薬膳」です。

中国医学の理論では、薬物や食物には性質、味、効能があり、これらをバランスよく配合することが、薬の処方や薬膳の基本となることを説いています。

天然物は、薬物と食物の境界が混然としていて判別のつかないものがたくさんありますが、これらを目的に合わせて上手に組み合わせて、栄養、効能、色、香、味、形などをそろえ調理したおいしい料理が「薬膳」です。

薬膳に欠かせないルール  五味と四気

漢方では、陰陽五行説に基づいて、すべての動植物を、酸・苦・甘・辛・鹹の五つの味に分類しています。そして、「五味」は「五臓」と深くかかわりあっています。

酸/収斂作用があり、肝、胆の機能を補う。
苦/固める作用があり、心、小腸の機能を補う。
甘/緩める作用があり、脾、胃の機能を補う。
辛/発散作用があり、肺、大腸の機能を補う。
鹹/軟化作用があり、腎、膀胱の機能を補う。(鹹は塩辛いの意)

いずれの「五味」も過食すると、その機能を損ないます。
このように、食物の五味を知ることで健康に役立てることが出来ます。 さらに、「五味」と並んで大切なのが、熱・温・涼・寒の「四気」で、動植物が本来、自然に備えている性質や作用のことです。

熱/体を温め、興奮作用がある。冷え症によい。
温/熱より弱いが体を温める。やはり冷え症によい。
涼/寒より弱いが体を冷やし、鎮静・消炎作用があり、のぼせや高血圧症によい。
寒/体を冷やし、鎮静・消炎作用があり、高血圧症によい。
 
ただし、これらの性質は、熱を加えることで涼寒性が平性に変化するなど、調理によって変わります。例えば、体が冷えている場合には熱温の食物を、逆に熱がこもっているときは涼寒の食物を積極的にとればよいのです。
これらの「五味」「四気」の性質を理解した上で、バランスよく組み合わせていくことで、病気を予防し、健康増進に役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました