薬膳に関するお問い合わせは、こちらから

五味・四気

五味とは

五味とは

東洋医学では味覚に関して「5つの要素」があります。そして各味覚は対応する体や感情に影響を与えます。

私たちは普段、あまり意識をすることなく様々な味の食物、料理を口にしていますが、それぞれの味覚には意味と役割があります。味覚の臓腑に対応する「五味」は、臓腑の働きを助けます。過剰になると、働きを阻害します。

酸味:発汗、下痢、咳などを抑える
苦味:イライラを鎮め、余分な水分を体の外に出す
甘味:痛みを緩和、緊張をほぐす、疲労を回復する
辛味:体を温め、血行をよくして発汗させる
鹹味:硬いものを柔らかくする、便秘などに良い
五行
五臓
五腑小腸大腸膀胱
五味酸味苦味甘味辛味鹹味

体の「臓腑」との関連です。各「臓腑」に対応する「五味」は、「臓腑」の働きを助けます。また過剰になると、その働きを阻害します。

四気とは

東洋医学の中では「四気」という概念があります。四気は別名を「四性」ともいい、食材が体内に入ったとき、体を温める性質か、冷ます性質かに分ける分類法の一つです。

程度により「寒性」「涼性」「温性」「熱性」の4つに分類でき、寒性の小さいのが涼性、熱性の小さいのが温性です。どちらにも属さない穏やかな食性である「平性」を加えて「五気」とも言います。

寒性:体を強く冷やして熱を取り除く。消炎・解熱・鎮静作用あり
涼性:体を冷やし熱を取り除く。消炎・解熱・鎮静・滋潤作用あり
温性:体の冷えを抑え、新陳代謝を活発にする作用あり
熱性:体の冷えを強く抑え、新陳代謝を活発にする作用あり
タイトルとURLをコピーしました